くの字腹筋も筋肉を鍛えるためには効果的でした

肺活量を利用した筋肉のつけかた
筋肉をつける方法に肺活量を利用した方法で筋肉をつけるやり方があります。
「ふー」と大きく息を吐き出して「スー」と息を吸い込みます。
この呼吸方法を繰り返して肺活量を調整しながら「腹筋」をきたえていきます。
腹筋を鍛えることで自身の肺活量や胃の筋肉を鍛えていくことができます。
1年ほど続けると確かに実感できるほどまでに成果は出てくるようです。
肺活量を利用して呼吸を合わせて「喉」の筋肉と「腹筋」をつけて弾力ある身体にしていきましょう。
私が聞いたはなしになりますけど、くの字腹筋で外郎売を読むとなぜか腹筋が鍛えられるみたいです。
実際にためしたことは無いんですけど「くの字腹筋」が効果を発揮するのだそうです。
下腹部に力をいれて空気を吐き出すようにして「ふー」と吐き出すことを繰り返します。
身体をあおむけに寝た状態で両足をそろえて直立させるストレッチがあります。
これで自分の腰が「L字」に折れているのがわかるはずです。
この状態から前方向に向かって両足を倒していきます。
すると、えびぞりのようになっていきますから姿勢を維持してしばらくキープです。
何度か繰り返して腰と背中の背筋が全体的にほぐされるのと硬く鍛えられていくのがわかるはずです。
それで、ほかには両足を開いて床に座る方法でストレッチをします。
右に身体を倒しながら両手を伸ばして脇のしたも伸ばします。
左右交互に繰り返していきましょう。
このわずかな動作が筋肉をつける方法として役にたちます。

コメントは受け付けていません。