どくだみ茶

お茶を飲むと便秘に効果があるという話をよく聞きます。
その中の一つが健康茶のひとつとして知られている「どくだみ茶」です。
原料となっているどくだみの葉っぱや茎にはフラボノイド成分であるエルチトリンやイソクエルチトリンなどが多く含まれています。
これらの成分には利尿作用や消化作用、緩下作用や血管拡張作用があります。
そのため便秘の改善にも役立ちます。
血行がよくなって冷え性が改善され、肌荒れや肩こりなどの症状も軽減されます。
体のむくみもすっきりします。
また利尿作用により膀胱炎や腎炎などに効果があり、血管を拡張することで高血圧からの脳出血を防ぐことができます。
どくだみには冷え性を改善する効果があるとされて、これに食物繊維をプラスすることで昔から便秘薬の民間薬として使われてきました。
カルシウムを始めとするミネラル分も豊富なので代謝を促進して、余分な水分を体外に出してくれます。
それにより解熱効果や血圧降下、デトックス効果があります。
どくだみには黄色ブドウ球菌、白癬菌、肺炎球菌などのウイルスを抑制する物質が含まれています。
そのため昔から傷口の再生や止血に効果があるとして利用されてきました。
どくだみは植物体を煎じた汁を服用すると、風邪や便秘、高血圧予防に効果があるとされてきました。
また傷やおできなどには葉を火であぶって患部に直接貼るといいとされています。
お風呂に入れれば冷え性改善になり、鼻に詰めれば蓄膿症に効くそうです。

コメントは受け付けていません。