ウィークリーマンションと賃貸マンションの違い(1)

    前回までは、ウィークリーマンションとマンスリーマンションの違いということで2回にわたってお話してまいりましたが、今回からは、ウィークリーマンションと賃貸マンション(アパートも含む)の違いということで、お話を進めてみたいと思います。
    まず、もっとも大きな違いというのが、ウィークリーマンションの場合には敷金や礼金が必要なく、宿泊した日数分だけの支払いですむということではないでしょうか。
    一般的なマンションやアパートに入居する場合には、最初に家賃の5倍から6倍程度の資金が必要となります。
    もちろんこれは、都市部と地方でも異なっていますが、地方だとしても3倍程度はかかるでしょう。
    ウィークリーマンションですと、そのような最初に用意すべき資金がいっさい必要ないのが特徴です。
    ですから、ひと月分の家賃として考えれば、若干、高めであるにしろ、短期の滞在であれば逆に安く滞在出来ることになるわけです。
    そして、さらなる違いというと、あらかじめ家具や生活用品が用意してあるという点でしょう。
    これらが備え付けられていることで、急に決まった出張や単身赴任などにも慌てる必要がありませんし、無駄なお金もかかりません。
    大げさな引っ越しの準備などもまったく必要なく、手荷物ひとつで出かけられるというわけです。
    また、キッチン用具や電化製品までもが用意されていますから、好きな食べ物を自分で調理することが出来るのです。
    このように、生活に必要な最低限のものが揃っているのが、ウィークリーマンションなのです。

      コメントは受け付けていません。