ウィークリーマンションの種類

    前回、少し触れましたように、ウィークリーマンションにもいくつかの種類があります。
    その種類について本日は、お話しようと思います。
    まず、最初の目的がウィークリーマンションの経営である「専業型ウィークリーマンション」がありますね。
    そして、どちらかというとホテルに近い感じの「ホテル型ウィークリーマンション」というのがあります。
    さらに、マンションやアパートの空き室をウィークリーマンションとして利用している「空き室型ウィークリーマンション」というのもあります。
    これらの違いを簡単にご説明いたしましょう。
    専業型のウィークリーマンションは、最初からウィークリーマンションを経営することを目的として、ビルディングや2階建て、3階建てなどのアパートやマンションを建設します。
    ですから、非常に機能的なお部屋になっていますし、そこへ新たに家具や電化製品など生活に必要なものを配置しますので、設備が良く整っています。
    部屋の設備だけでなく、ビルディングタイプの場合にはロビーがあったり、コインランドリーが設置されていたり、1階がコンビニエンスストアになっている場合も多いでしょう。
    ホテル型のウィークリーマンションも似たようなものですが、電化製品などは貸出し制になっているところが多いようです。
    また、ベッドメイキングなどのサービスが充実しているところも多いようです。
    中には朝食サービスのあるタイプもあり、やはりどちらかというとホテルに近い感じですね。
    空き室型のウィークリーマンションにつきましては、普通のアパートやマンションの空き室を利用していますので、古い物件から新しい物件までさまざまです。
    もともと、ウィークリーマンション向けに作られている物件ではありませんので、比較的長めの滞在者に向いていると言えそうです。

      コメントは受け付けていません。