エキナセアのハーブティー

ハーブティーでも日本では、あまりその名前が知られていないエキナセアと言うものがあります。
ハーブの一種であり、アメリカでは有名です。
エキナセアティーを飲むことで、そのハーブティーのいろいろな効能が重宝されているのです。
エキナセアとは、多分、みなさんもあまり聞いたことがない名称だと思いますが、日本ではムラサキバレンギクと呼ばれている植物です。
キク科であり、ムラサキバレンギク属の一種で多年草です。
真ん中の丸くて盛り上がった部分とその周囲の花びらがとても可愛く、名前どおり紫色をしている花です。
これを乾燥させたものがエキナセアのハーブとなるわけです。
エキナセアは、何処の国で出来るかと言うと、アメリカ原産であり、ひまわりの一種だそうです。
これがラテン名で、エキナセアと呼ばれています。
また、エキナケアと呼ばれることがあります。
エキナセアはハーブティーで飲まれることが多い植物ですが、効能はさまざまです。
例えば、アレルギーの緩和だったり、免疫力の強化だったり、感染症を防いでくれたりします。
また、エキナセアの根っこには殺菌成分があり、それはとても強力なのです。
根っこを噛むことで、歯の痛みも緩和され、喉の痛みにも効きます。
皮膚病全般に効果があるほか、抗ウイルス性なので、風邪のウイルスやインフルエンザのウイルスにも効果を発揮します。
また、ニキビにも良いそうですから、肌のトラブルがある方はエキナセアのハーブティーを飲んでみるのも良いかと思います。

コメントは受け付けていません。