ゲーテの恋愛小説

    みなさんは「若きウェルテルの悩み」と言う本を読んだことがありますか?
    この作者、ゲーテは有名ですよね。
    この恋愛小説で、ゲーテは欧州にその名前を広めたと言われています。
    私も学生時代に読みました。
    哲学的な本が大好きだったころ、ゲーテにはまって、その文章の一節を暗記することもありました。
    ゲーテは1749年に生まれ1832年になくなりました。
    小説家と言うだけでなく、詩人でもあり、哲学者でもあり、また、劇作家でした。
    そのほかにもヴァイマール公国の首相になったこともあり、政治家としても知られています。
    作品のほかにもゲーテの名言のような、格言のような言葉も知られています。
    ゲーテはドイツ文学の巨匠であり、この作品は古典の恋愛小説として知られています。
    ドイツ文学と言えば、ゲーテ。
    そう言われるほど、メジャーな作家と言えます。
    ドイツ文学と言うものは、哲学性や、精神性に優れており高く評価されています。
    ゲーテはその中でも最高峰にいると言っても過言ではないでしょう。
    ゲーテの書いた作品で有名なものは、もちろん、「若きウェルテルの悩み」だけではありません。
    この恋愛小説だけでなく、「ファウスト」なども有名な作品でしょう。
    では、この「若きウェルテルの悩み」という作品はどのようなものなのでしょうか?
    主人公であるウェルテルが、引っ越し先で出会った女性に恋をする物語です。
    その女性の名前はシャルロッテ、通称、ロッテと言います。
    余談ですが、お菓子のロッテはこの名前から取ったということです。

      コメントは受け付けていません。