コラーゲンが良いと言われる理由

コラーゲンと言う成分はお肌に良いということは、みなさんご存知ですよね?
テレビや雑誌などで、散々、「美肌にはコラーゲン!」と言われていますよね。
それを普段見ている私たちの頭の中には、それがそのまま入っているようです。
コラーゲンがどうして良いのかわからないまま、毎日、摂取している方もいるでしょうね。
では、なぜ、コラーゲンを摂取すると肌の状態が良くなるのでしょうか?
ご存知の通り、コラーゲン効果の1つに、美肌効果があげられます。
体内にコラーゲンを取り込むことで、作られたり壊されたりするコラーゲンの代謝が活性になります。
年齢と共に、コラーゲンが壊されるほうが多くなっています。
作るより、壊されるほうが、多いことは老化現象のひとつです。
このような状態の体内にコラーゲンを入れてあげることで、コラーゲンが作られるほうも、活性化します。
すると、体内に多くコラーゲンが存在する状態がキープされますから、お肌もいきいきして来るのです。
保水力も上昇しますし、肌荒れ、シミ、シワ、そして目のクマにも改善されます。
コラーゲンの美肌効果のほうが有名ですが、関節痛に効くことは最近、注目されています。
高齢によって、関節軟骨が磨り減り、痛みが出てきます。
これを防ぐのもコラーゲンです。
代謝が悪くなると、新しいコラーゲンが必要な分、作られず、軟骨がすり減ってしまうために起こる痛みです。
本来、軟骨で守られている骨ですが、コラーゲンが足りなくなると、骨と骨が直接、すれ合ってしまい、痛みが起こります。

コメントは受け付けていません。