コラーゲンと加齢

顔などに表れてしまうシワ、そして肌のたるみ、この女性の大敵であるシワ、たるみは、どのようにして作られるかご存知でしょうか?
それは、まず年齢に関係しています。
そして紫外線にも大きく関係しています。
年齢を重ねるにつれて、また、紫外線を受けるにつれ、コラーゲンが硬くなります。
また、コラーゲンの量も減ってしまいます。
その結果、肌がたるみ、シワが出来てしまうのです。
若さ、そして健康、美容、これらに必要となっているのがコラーゲンです。
年と共に代謝率が落ちてしまえば、体内でコラーゲンを作ることが難しくなってしまいます。
加齢に大きく左右される体内のコラーゲン量ですが、20代までが一番、その量が多く、以後、減ってしまいます。
40代でコラーゲンの量が以前の半分以下まで減少すると言うことです。
代謝率が高い体内では、いつもコラーゲンが分解して、合成してと、その活動が繰り返されているものです。
加齢が原因で、このコラーゲンの活動のバランスが崩れてきます。
その結果、コラーゲンの分解する活動のほうが。コラーゲンを合成するよりも多くなってしまうのです。
老化現象といえばそれまでですが、柔軟性がなくなった肌は、シワが出て、たるみ、ハリがなくなります。
また、関節、骨の痛みが出てきます。
老化現象はストップさせることは出来ません。
ですが、緩やかに年を取ることが出来たら良いですよね。
そのためには、コラーゲンを積極的に摂取して、体内で合成されるコラーゲンを助けることです。

コメントは受け付けていません。