コラーゲンの取り方続き

もちろん、毎日の食事においては、コラーゲンを取ることばかり考えず、バランスの良い食事をしたいものです。
野菜、肉、そのほかの食材もバランスよく食べて、その中でコラーゲンが取れたら理想的です。
お肌がつやつやになっても、肥満になってしまったら、元も子もありませんから。
コラーゲンの中で水に溶ける性質のものがありますから、それらはスープにすると良いでしょう。
例えば手羽先のスープを作るときに野菜をたっぷり入れれば、バランスも良いですよね。
スープまでしっかりとコラーゲンが溶け出して含まれていますから、汁も残さず食べましょうね。
体内にコラーゲンが入ってくると、新しくコラーゲンが生成される材料となります。
コラーゲンが体の中で作られるときに、他にも必要なものがあります。
それは、ビタミンC、亜鉛、そして鉄です。
スープにビタミンが取れるようにほうれん草を仕上げに入れてみてはいかがでしょう。
おかずにレモンの絞り汁を使ったサラダを添えるなど、他のおかずで工夫してみても良いかと思います。
とにかくコラーゲンだけ取っていれば良い、と言う考えはNGですから、それを忘れないようにしたいものです。
それから、コラーゲンはお肌のためだけではありません。
年と共に膝、肘の痛みが出る方もいるでしょう。
それは関節の軟骨部分が傷むのです。
コラーゲンは軟骨部分が動く際の潤滑油の働きをします。
最近では、美肌ようの錠剤だけでなく、関節のためのコラーゲン錠剤も発売されています。

コメントは受け付けていません。