コラーゲンの活躍

    体内にあるコラーゲンは、骨や軟骨に多く存在します。
    また、他にも血管の壁や、けん、歯の皮膚や真皮にも多く存在します。
    コラーゲンがテレビや雑誌で、これだけ重要視されているのは、体の中のたんぱく質の3分の1がコラーゲンと言われているからです。
    美肌だけでなく、コラーゲンは、健康をキープするために必要な成分なのです。
    一般に言われている「コラーゲンは美肌に良い」という話がありますよね。
    これは、皮膚の下の、真皮にあるコラーゲンが7割もあることから、美容にはコラーゲンと言われているのです。
    コラーゲンが占める割合が大きければ、大きいほど、コラーゲンを摂取したときに効果が現れやすいからでしょうね。
    コラーゲンが他のたんぱく質と違う点は、細胞の外側に存在することです。
    そして細胞同士をつなぐ重要な役をしています。
    コラーゲンが少なかったり、なかったりしたら、細胞が結合せず、ばらばらの状態になってしまいます。
    この結びつきは架橋と呼ばれています。
    コラーゲンが増えることで、組織、細胞の結びつきが強くなり、柔軟性が出たり弾力性が出たりするのです。
    お分かりになりましたでしょうか?
    もうお気づきだと思いますが、これが肌で言うと、ハリ、弾力ということなのです。
    そして、体で言うと、動脈硬化であったり、関節が硬くなったりするわけです。
    これが血管ですと、血管の壁の柔軟性に効果があり、血圧が変わっても、それによって柔軟に対応できるようになります。

      コメントは受け付けていません。