サービスエリアで楽しもう

    自家用車で移動する最大のメリットは、コースを思うがままに変えたり、寄り道を自由にできたりすることです。これはロングドライブについても同じことです。先をひたすら急いだり、交通渋滞にはまったりして、結果的にストレスがたまるドライブになっては台無しです。最近のサービスエリアでは、遊べる施設が充実しています。目的地へ向かう途中に、少し寄ってみてはいかがですか?
    高速道路上で例に挙げると、上信越道「藤岡SA」や伊勢湾岸道「刈谷PA」には観覧車があり、関越道「山谷PA」(上り)や東名「足柄SA」にはアスレチックが用意されています。愛犬を連れている人は、関越道「高坂SA」、常磐道「守谷SA」、東名「足柄SA」などに“ドッグラン”の施設があるのでおすすめです。
    「足柄SA」には、浴室やマッサージチェア、ドックランがあり、ワンちゃん用のお弁当なども売られています。次の「駒門PA」には、地下から汲み上げられた富士山の名水と、かわいい顔の付いたアメリカンドッグが有名です。また、晴天の日は、雄大な富士の景色を望むことができます。「富士川SA」は、「富士川楽座」という道の駅につながっています。ここには、さまざまな体験ができる施設や、富士山の絶景を一望できるレストラン、地域の特産品のお土産売場などがあり、サービスエリアなのに一日中楽しめます。
    このように、寄り道をして楽しめる場所はたくさんあります。宿泊施設があるサービスエリアもあるので、場合によっては、途中で宿泊するのも良いですね。家族連れのロングドライブは、体を思いっきり動かせる機会を設けることが大切です。ドライバーにとっては、交通渋滞のストレス解消になります。また、子供たちにとっては、長い間じっとしている状態は苦痛なので、良い気分転換になるはずです。出かける前に、途中で楽しむことができる場所を調べておくと良いでしょう。

      コメントは受け付けていません。