スマホとモバイルwifi

スマホはモバイル機器の代表と言えるかもしれません。
ほとんどの人が持っているからです。
また、スマホとパソコンを比較しても、その性能は劣っていません。
逆にスマホの方がいろいろなことができます。
もちろん、スマホはwifiではありませんが、テザリング設定によってwifiルーターとしての機能を持つことも周知の事実です。
インターネットの比較サイトではスマホよりもwifiルーターを推薦していますが、それは使用料金が大幅に違うからです。
スマホでテザリングのwifi機能を使用するのは無理があるのです。
モバイルのためのwifiは使用料を気にしながら使うわけにはいきません。
ただ、屋外でゲームばかりをしている人はある程度制限されてもいいでしょう。
そうしなければどこででもゲームをし続けてしまいます。
自制が効かなくなっているのです。
これからはスマホとモバイルルーターの境界はだんだんとあいまいになっていきます。
現在でも技術的には区別されないのですが、機器としての役割が規定されているだけのことなのです。
スマホが多機能化することによって、必要な無線帯域はどんどん広がっていきます。
しかし、現在ではそれを確保するだけの技術がありません。
どこかで制限しなければならないのです。
多くの人が自分のことばかりを考えていては,wifiは成立しないと考えていいでしょう。
自分がどれくらいのデータ通信を行っているかはスマホの明細を見ればわかります。
その必要性についてもう一度見直す時期なのかもしれません。

コメントは受け付けていません。