ゼラチンとコラーゲンは同じもの

    ゼラチンとコラーゲンは同じ扱いをされているようですが、違いはあるのでしょうか?
    そもそもゼラチンとは、脊椎動物などの骨、皮に多く含まれていると言うコラーゲンから作ったものです。
    精製し、抽出された動物性たんぱく質であり、無脂肪です。
    この二つは分子レベルで違いがあり、他は一緒です。
    分子がらせん状の細長いもので、分子3本が三つ編みのように合わさっている形状になっているものがコラーゲンです。
    これを熱すると、合わさっていた3本の分子が外れます。
    この分子がバラバラの状態になったものがゼラチンです。
    食品としては、二つは同じ物ということになります。
    ゼラチンはその中の実に87パーセントがコラーゲンです。
    その他は水分が約10パーセント、カルシウム、リン、鉄分も入っています。
    ですから、ゼラチンはコラーゲンの塊といって良いでしょう。
    ゼラチンが美肌に良いわけも良くわかりますよね。
    コラーゲンもセラチンも同じ分子であり、両方とも美肌効果がある食べ物ということになりますね。
    コラーゲンを長い時間かけて加熱し、それを水に溶かしたものをゼラチンと呼びます。
    ですから、早い話がゼラチンを食べれば、コラーゲンを食べていることになりますね。
    ゼラチンも美肌には良いということになります。
    たんぱく質を大量に含むゼラチンでしたら、さまざまなものの原料として活躍しそうです。
    ですが、ゼラチンの生産を安定させるため、ほとんどが牛、豚などの家畜の骨、皮を使って作られています。

      コメントは受け付けていません。