ドライとフレッシュのハーブティー続き

    ジャスミンティーなど、お花の形のように葉が丸く縫ってあるものも見かけます。
    ハイビスカスティーは塊になっていることもありますよね。
    ハーブの形によって、使う量が変わってきますから、詳しくはパッケージを見ると良いでしょう。
    目安としては、細かく裁断されたものは、やや少なめに使うと良いでしょう。
    丸ごとのホールのものは、そのままポットに入れましょう。
    次にお湯を注ぎますが、熱湯ではないほうが良いと言われています。
    沸騰させてから、少しだけ置いたお湯をハーブが入ったポットに入れます。
    すぐに蓋をして5分ほどそのまま待ちましょう。
    すばやく蓋をするのは香りを閉じ込めるためです。
    我が家はこの時に蓋を開けて、香りをわざと楽しんでいます。
    ハーブティーの風味がなくなりますから、時間を5分以上置かないようにしたいものです。
    次に、生の葉っぱや枝を使ったハーブティーである、フレッシュティーの入れ方をご紹介します。
    ハーブは洗って水気を切ります。
    あまり硬い茎、枝はやめて葉だけ使いましょう。
    柔らかい枝はそのまま使えます。
    あまり細かくせず、ポットに入るくらいに切ると良いでしょう。
    生のハーブはその形や色も楽しめますから、細かく刻むとつまらないと私は思います。
    また、葉を刻みすぎると青い汁が出てくることがあり、風味が台無しになることもあります。
    生のハーブの分量ですが、だいたいティースプーンに三杯ぐらいが1人分でしょう。
    目安はドライの3倍が適量と言われています。
    ドライのときと同じようにお湯を注ぎ、5分ほど待ったら出来上がりです。

      コメントは受け付けていません。