ハーブティーのジンジャー

ハーブティーの種類で、ジンジャーティーと言うものがありますが、これはみなさんご存知でしょう。
ジンジャーは生姜のことですね。
生姜は、地下の茎から地上の茎まで、高いもので90センチくらいまで伸びます。
土の中に埋まっているあの塊が生姜であり、ハーブティーのジンジャーになります。
生姜は生のままで食べると、辛いと言うか、独特の味がしますよね。
ですから、それをハーブティーにするというと、なんだかまずいような気がしますよね。
ですが、生姜はハーブティーにすると、不思議と甘くなるのです。
香りはそのままで、ほんのりとした辛味もあり、飲みやすくなります。
生姜は料理に使うだけでなく、飲み物としても広く使われています。
ジンジャーエールという炭酸の飲み物が有名ですよね。
生姜にはいろいろな効能があり、ハーブティーとして飲んでいる方も多く、親しみやすいものです。
中でも紅茶と一緒に入れるととてもおいしく、生姜紅茶として人気があります。
では、ジンジャーのハーブティーはどのように体に良いのでしょうか。
まず、何よりもその効果で有名なことは、体をあたためてくれることです。
また、同時に体内の余分な水分を排出してくれるという作用もあります。
ですから、体のむくみにも効果を発揮します。
と言うことは、冷え性でむくみ易い人は、ジンジャーのハーブティーが良いでしょう。
このような症状は特に女性の方に多いでしょうから、ジンジャーのハーブティーとは、女性の味方と言うことになりますね。

コメントは受け付けていません。