ハーレクインの恋愛小説その2

    これらの本のキャッチコピーもありますし、テレビのコマーシャルに使われていることもありました。
    例えば、「恋は本屋さんに売っている」です。
    恋愛の疑似体験をしたければ、本屋さんでハーレクインロマンスを買えば良い、と言う内容でした。
    また、「あなたが探していた愛は、きっとここにある」と言うフレーズも有名ですね。
    こうして、世の中の女性たちは、ハーレクインの恋愛小説を読むことによって、自分がその恋愛を実際にしているような気分になります。
    例えば、女性たちが、「今度はこんな恋愛がしたい」と妄想したとします。
    それには、数あるハーレクイン作品の中から、自分が希望するような恋愛を描いたものを選んで読めば良いのですから。
    そう考えると、まさに「恋は本屋さんに売っている」と言うキャッチコピーは、ぴったりだと思います。
    また、すべての恋愛の結末がハッピーエンドで終了することから、悲しい恋に泣く必要もないのです。
    主人公と一緒にロマンスを味わい、幸せな気分に浸ることが出来る恋愛小説が、ハーレクインロマンスと言うことになりますね。
    また、ハーレクインの恋愛小説は少女漫画家によってコミックにもなっています。
    日本は漫画大国ですから、漫画となると読む人もいるでしょう。
    漫画になることで、活字離れしている若い世代にもハーレクインロマンスを知ってもらおうと言うのでしょう。
    そして、毎月、コミック雑誌である「月刊ハーレクイン」も出版されていて人気を呼んでいます。

      コメントは受け付けていません。