パワーストーンとチャクラの関係その3

ここでは、7つのチャクラについてお話します。
まず、「第1チャクラ」と呼ばれているものです。
このチャクラは会陰や背骨基底部、また、尾てい骨あたりに存在します
チャクラには対応カラーがあり、第1チャクラのカラーは、赤や黒です。
では、第1チャクラが影響するパワーはどんなことでしょうか?
それは、「物理的なものを提供する能力」があります。
次に「物質界で愛に満ちて働く能力が得られるパワー」、また「自分自身のために立ち上がるパワー」
または、「安心感」を与えてくれます。
これらのパワーをどう理解したら良いのでしょう?
統率力、生命力、精神の安定と言ったところでしょうか。
では、第1チャクラに所属するパワーストーンには、どのような石があるのでしょうか?
みなさんがご存知のところで、赤い石のルビーやガーネットです。
また、レッドジャスパーもそうです。
黒では、ブラックオニキスや、ブラックトルマリン、またオブシディアンもあげられます。
次に「第2チャクラ」についてお話します。
第2チャクラは腹部、下腹部にあります。
丹田と呼ばれる、おなかから声を出す時に支えとなる部分あたりにあるチャクラです。
これに、対応する色は、オレンジです。
そして、このチャクラは「精神」、「感情」、「支配」、「力」、そして「セックス」をつかさどります。
ですから、これらのパワーが欲しいと願う人は、アクセサリーにそのパワーストーンである、アンバーを使ったものや、カーネリアンを使ったものを身に付けると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。