パワーストーンとチャクラの関係その6

    第6チャクラのバランスが悪いと、直感だけで動いたり、幻想の世界で生きたりと、引きこもりになる要素もあります。
    このチャクラに対応する色は、紫や藍色です。
    パワーストーンとしてあげられるものは、アメジストやラピスラズリ、そして、サファイアやフローライト、また、スギライトなどです。
    最後に、第7チャクラについてご紹介します。
    頭頂部にあるチャクラで、ひらめきや、予知、知識、超意識などをつかさどるものです。
    また、霊性などもこのチャクラが影響します。
    感情や精神、体のバランスも整えてくれる大切なチャクラです。
    昔から、第7感と言えば、宇宙エネルギーを感じることや、霊的性質を持つチャクラと言われています。
    これらは、物質世界を越えています。
    そして、宇宙に繋がった性質を持っていますから、瞑想などにより、このチャクラを活性化させることが良いそうです。
    このチャクラが対応している色は金色や白です。
    パワーストーンは、クリアークォーツや、ご存知のダイヤモンドが代表的です。
    また、クリアーやパープルも対応していますので、水晶や、アメジストなども良いでしょう。
    第8チャクラはあまり取り上げない方も多いですが、宇宙的意識をつかさどるチャクラです。
    頭頂の上にあります。
    啓発、悟り、感謝などに影響します。
    クォーツやセラフィナイトがパワーストーンとしげあげられます。
    これで、それぞれのチャクラとその能力がおわかりになったと思います。
    パワーストーンを選ぶ際には、自分がこうなりたいと言う希望に近いチャクラを選び、それを活性化する石を身に付けると良いでしょう。

      コメントは受け付けていません。