パワーストーンを使ったヒーリングその3

もしくは、痛い場所が本当の悪いところではないと言うケースも多いですよね。
ほかの部分が悪いために、違うところに痛みとして現れることもあります。
例えば内臓が不調だと腰が痛くなることがありますよね。
ですから、痛い部分だけでなく作用点として考えられる場所にもパワーストーンを当て、ヒーリングする必要がありますね。
例えは、肩が凝っていて痛い場合、肩も幅が広くてどこをポイントにヒーリングしたら良いかわかりませんよね。
そんな時は、凝った部分を軽く動かしてみましょう。
どうも動きづらい場所があったら、そこが一番悪いところかもしれません。
また、痛みがある部分の周囲を押してみましょう。
周辺のツボを探して押してみると良いです。
ツボを押して行くと、連続して痛んだら、それが経絡です。
経路の中でも、一番痛みが強いところが作用点と言うわけです。
作用点が痛みのある部分と離れていて、本当にここをヒーリングするのが良いのだろうかと疑問に思うかもしれません。
ですが、その作用点が根源なのですから、その場所のヒーリングで、元々、痛かった部分が緩和されるでしょう。
敏感に感じる人は、作用点に水晶を当てると、そのパワーで他の部分がジンジンしてくる場合があります。
肌に密着して水晶を付けるか、数ミリ離すかは、お好みでオッケーです。
気持ちよいと思うほうでやってみましょう。
体の不調を改善してくれるのも、またパワーストーンの神秘なる力のひとつなのですね。

コメントは受け付けていません。