パワーストーンを身に付ける前にその4

浄化が終わってから、初めてパワーストーンにあなたの願いを込めます。
本当はそれぞれのパワーストーンに合った浄化をしてあげることが一番良いのですが、ここでは一般的な浄化方法をご紹介しましょう。
まず、水によってパワーストーンを浄化する方法です。
理想的な水での浄化ですが、湧き水などの自然の水にさらしてあげることです。
ですが、これらは田舎に住んでいない限り無理ですよね。
近所に川のせせらぎや、湧き水はないでしょうから、その場合は水道水でも構いません。
浄化の方法は、まず、水道から細く水をだします。
石を水が流れるように置いてから、流水で10分ほどきれいにします。
これで浄化されます。
また、パワーストーンは食塩水でも浄化できます。
容器に水と少量の自然塩を入れ、パワーストーンを数時間から半日ほどつけておきます。
どちらも、その後、柔らかい布などで石を傷つけないように、拭き取りましょう。
水による浄化は手軽でポピュラーですが、水に弱い石は、この浄化を避けなければなりません。
例えば、水に弱いと言われているパワーストーンは、ターコイズやマラカイト、それからラピスラズリです。
また、日光を当てての浄化方法もあります。
パワーストーンを日光があたるところに置くだけの簡単な浄化方法です。
ですが、この場合、日が出る時の太陽光を3日以上当ててあげなければなりませんが連日でなくてもオッケーです。
これによって、「太陽の気」を石が吸収出来るのです。

コメントは受け付けていません。