ビタミンE

ビタミンCの次に有名なビタミンといえば、ビタミンEでしょう。
ビタミンEは子供の頃にはあまり意識しない栄養素ですが、大人になるとその必要性が圧倒的に増します。
大人になってはじめてビタミンEという成分があることを知ったという人も多いでしょう。
しかし、サプリメントとして摂取されるビタミンとしては、ビタミンEが一番多いかもしれません。
そんなビタミンEには、別名「サビ止め」というあだ名(?)もあります。
なぜかというと、ビタミンEには身体が酸化するのを防ぐ作用があるためです。
活性酸素を除去し、健康な皮膚を守る。
それが、ビタミンEの持つ役割のひとつといわれています。
よって、美肌効果に関しては非常に大きな役割がある成分といえます。
数ある美肌効果を持つ成分の中でも、ビタミンEは最大の効能を持っているといえます。
というよりは、土台といったほうが良いかもしれません。
ビタミンEが不足するということは、美肌を完全に放棄することにつながります。
美肌を目指すなら、サプリメントなどを利用してビタミンEを安定して摂取することは必須なのです。
活性酸素が体内に溜まると、皮脂と結び付いて過酸化脂質となります。
これは、シミやそばかす、吹き出物となる他、しわやくすみの原因ともなります。
乾燥肌の原因ともなるのです。
ビタミンEはアンチエイジング効果があるといわれていますが、それはつまり肌の衰えを防ぐ効果があるということです。
皮膚に十分な栄養を与えるのが、ビタミンEの役割なのです。

コメントは受け付けていません。