プルーン

    プルーンを食べて便秘が治ったという話をよく聞きます。
    それではどうしてプルーンに便秘解消効果があるのでしょうか。
    プルーンには食物繊維が豊富に含まれていることが理由の一つとして上げられます。
    それ以上にプルーンには「ソルビトール」という成分があり、この「ソルビトール」に下剤に似たような効果があるのです。
    下剤ほど強くはないのですが、近い効果があるとされています。
    人間には本来お腹が自然に緩くなる生理作用があります。
    これを「緩下」(かんげ)と言います。
    プルーンの成分ソルビトールにはこの「緩下作用」を促進させる働きがあるようです。
    プルーンを食べるとお腹に激痛を伴うことなく自然に便を排泄することができるそうです。
    快便のときのように力むことなく便を排泄できます。
    つまりプルーンによる便秘解消法は本来人間が持っている力を利用したものであるといえます。
    そのため自然に近い形で便を排泄できるのです。
    ただしプルーンを食べ過ぎると下痢になってしまいます。
    適量としては1日に2個~3個程度が望ましいです。
    プルーンを購入する場合スーパーなどにはドライフルーツや生物、ジャムなどがあります。
    この中で一番いいのはドライフルーツです。
    生のプルーンよりも3倍も食物繊維が入っています。
    ドライフルーツの方が便秘解消を効率的に行えると思います。
    プルーンには鉄分も豊富に含まれているので、頭痛解消にも効果があるそうです。
    上手に食べてぜひプルーンの効果を試してみてください。

      コメントは受け付けていません。