プロバイオティクス

腸内環境を整えることが便秘予防にとっても健康にとっても大切であることは先に述べた通りです。
その腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランスで成り立っています。
この善玉菌を体の中に増やしていき腸内細菌のバランスを保って病気になりにくい健康な体を作ることを「プロバイオティクス」と言います。
このプロバイオティクスの機能を持っている微生物を食べ物から摂取するとそれが消化管の中で作用して健常化をはかって疾病予防になるというわけです。
それではどのような菌をプロバイオティクスと言うのでしょうか。
十分に安全性が保証された細菌であること。
もともと宿主がそのヒトでありその中の腸内細菌の一員であること。
胃液や胆汁などの攻撃に耐えて無事に腸内まで到達できること。
口から入ったものが腸まで到達できるのは1万分の1の確立だそうです。
さらにその腸内で増殖する力があること。
ヒトの体内で有用な効果を発揮することができること。
食品形態などで有用な菌数を維持すること。
安価で扱いが容易にできること。
以上のように口から摂取して生きたまま大腸までいき増殖できる菌であることがプロバイオティクスの条件です。
代表的なものとしてビフィズス菌や乳酸菌やラクトバチルス菌があります。
これらのプロバイオティクスに対して期待されている効果としては、消化器官の働きを高めてくれることがあります。
また腸内菌にいい影響を与えます。
腸内での感染を防ぐ力があります。
体の免疫の働きを高めてくれます。
乳糖による消化性の効果を高めてくれます。
以上のような効果のため便秘にも十分な効果があるのです。

コメントは受け付けていません。