ペットにもジェネリック続きその2

    新薬ではその成分の有効性も証明されていますし、安全性も確認されていますから、短期間で研究開発し、すぐに商品化することが出来ます。
    その分、新薬より値段がかなり安くなるのです。
    そして、おくすりは認可に時間がかかるといわれていますが、新薬と同じような厳しさはないので、認可も早いのです。
    新薬と同じ効果がありながら、その価格はかなり安くなるので、多くの方が利用するべきなのでしょうが、まだまだ浸透していないのではないでしょうか。
    新薬を使っていた方はジェネリックにする不安もあるでしょうが、これだけ低価格なら試してみるべきです。
    ちなみに私は持病の薬をジェネリックに切り替えていますが、もらっているくすりが数種類あるうちの半分くらいはまだ、特許期間中の新薬です。
    すべてがジェネリックに出来れば、おくすり代も安くなるので待ち遠しいです。
    ペットのおくすりもジェネリックがありますので、知らなかった方は、切り替えてみてはいかがでしょうか。
    ペットのくすりも新薬ではなくジェネリックに切り替えると、同じく安く購入できるようになっています。
    動物病院で購入できますが、インターネットでも個人輸入を代行してくれる通販会社がありますので、そうした会社を利用して購入できます。
    海外は日本と違って、実はジェネリック薬品が一般的に使用されているので、輸入するとなれば、くすりの種類もかなり豊富になるでしょう。
    価格が安くても、認可された正規のくすりですから、安心してペットに与えることができます。
    ペットの治療費やおくすりの費用は、本当にばかになりませんから、ジェネリックで少しでも節約できると良いですね。

      コメントは受け付けていません。