ペットの病気

    周囲を見ておわかりのように、ペットブームはずっと続いていますよね。
    なかでも、結婚の適齢期の女性たちが、結婚せず子供も生まず、その分、ペットに愛情を注いでいる方も多くなってきましたよね。
    少子化問題にも関係している現象だと思いますが、可愛いペットに愛情を注ぐことも人生ですからね。
    これからもこうしたペットブームは続くでしょう。
    ペットを家族の一員として、とても大切に育てている方が多いなか、ペットの高齢化も問題になってきています。
    大事にされ長生きすれば病気にもなりますし、通院やくすりも必要になってきます。
    どのペットでも起こることですから、反対に、くすりが不要のペット、病気怪我と無縁のペットのほうが貴重ではないでしょうか。
    昔は放し飼いも多かったので、途中でいなくなってしまったり、交通事故にあったりと、猫や犬も短命だったような気がします。
    ですが、現在は室内で飼っていて外には出さないというおうちも多いですから、そうした不慮の事故で死んでしまうペットも減ってきました。
    その分、長生きしてくれることは嬉しいことですが、高齢化やペットの介護など、新たな問題が出てきたと思います。
    ペットも人間同様に、深刻な病気になれば、入院や手術が必要になりますが、それでなくても高齢になると、いろいろなトラブルが出てくると思います。
    その度に、やはりペットの用のくすりというものは必要ですよね。
    なんとなく食欲がないとか、体調が悪いとか、皮膚病にかかることもあるでしょう。

      コメントは受け付けていません。