ロマンス小説と恋愛小説

    一般に恋愛物と言われる小説を「ロマンス小説」と呼びますよね。
    また、それらは「恋愛小説」と呼ばれる場合もあります。
    私達は特に気にせず、これらの小説のことを「恋愛小説」と呼んだり、時には「ロマンス小説」と呼んだりしますよね。
    では、これらの呼び名の違いはどういった定義によるものなのでしょうか?
    まず、ロマンス小説とは、一般に若い人たちの恋愛体験を描いた小説のことを、そう呼ぶようです。
    言ってみれば、ありふれた恋愛、何処にでもありそうな恋愛、恋愛にまつわる事件を題材とした小説です。
    また、ロマンス小説は純愛をテーマとしたラブストーリーであったり、空想的なラブストーリーであったりします。
    ですから、これらの愛の結末もありがちなものです。
    例えば、旅行先で偶然に出会った異性と恋に落ちるストーリーや、身分の違う男女が恋に落ちる、俗に「シンデレラストーリー」と呼ばれるものなどがそうです。
    また、ロマンス小説と言えば「ハーレクイン」ですが、これは女性たちの心を捉えたようですね。
    このように、ロマンス小説に出てくることが多い、避暑地でのひと夏の恋など、「ありがち」と言われてしまうことから、ロマンス小説は恋愛小説よりも低俗であり、安っぽいと言うイメージがあります。
    もちろん、ロマンス小説の中にも、素晴らしい作品があることは否定出来ません。
    いくら、安っぽいと言われても、読む人の心を捉えることが出来るのなら、それで良いのではないでしょうか。

      コメントは受け付けていません。