下見のコツ

    物件と周辺環境の下見のコツを紹介します。
    まず現地に赴く際に、不動産会社の休みの日をチェックしておくことを忘れないようにしましょう。
    忙しい仕事の合間をぬってせっかく現地に行っても不動産会社が休みでは何の意味もありません。
    転勤する場所が土地勘のない場所の場合、物件探しは結構難しいです。
    物件だけ気に入っていいなと目ぼしをつけてみても、実際に行ってみたら問題がいろいろでてくることもあります。
    例えば物件が転勤先の職場のすぐ隣の市なので、近くて便利だと思っていたら、実際には交通の便がすごく悪くて乗り継ぎを重ねないといけないなんてこともあります。
    駅が近いからいいと思って決めても、実際には駅同士は直接同じ路線ではなく、遠回りして乗換えしないとつかないなんてこともあります。
    物件を絞り込んだら、実際に物件から勤務地まで公共交通機関で移動してみることが大切です。
    これは絶対に実践しておきましょう。
    地図でみるのと実際に電車に乗って歩いてと移動してみると全然距離の感覚が違うものです。
    転勤先の家のご近所がどんな人が住んでいるのか知りたいけれど、なかなかチェックしている時間まではないはずです。
    そんなときは、ご近所の家の玄関先、家の前の道路などを見るといいです。
    家の中がきちんとしている人は玄関先や家の周囲の道路もきちんときれいにしているものです。
    マンションなどの場合ですと、玄関先などが汚ければ全てにおいて管理がズボラということになります。
    さらに物件が絞り込めてきたら、近所のスーパーや病院、学校、保育園、駅、銀行などまで実際にあるいて周辺環境をチェックしておきましょう。
    夜の景色も一通りチェックして歩いてみるといいです。
    昼間は気にならなくても夜は思わぬところにお店があってネオンがこうこうとついていたり、深夜営業の飲食店の換気扇の匂いがしたりするなど昼間とは違う景色があるからです。
    知らない土地だから、より慎重に注意深くチェックすることが大切なのです。

      コメントは受け付けていません。