交通渋滞の対策

    車はそれぞれの意思で走行しているため、もし交通渋滞対策を何もしていなかったら、交通渋滞がもっとたくさん発生しているでしょう。実際に、身近で渋滞対策は行われているのです。例えば、信号機を設置することも1つの対策です。信号機によって、交差点を多くの車が通過できるのです。
    交通渋滞情報の提供も対策の1つです。一般道路や高速道路には、センサーが設置されており、走行速度や交通量を検知して、渋滞が起きているかを推測しています。このようにして収集された情報は、即座に処理が行われ、路側情報板、テレビ、ラジオ、カーナビなどを通して、リアルタイムに渋滞情報を提供しています。
    近年では、GPS(衛星測位システム)やDSRC(専用狭域通信)などの、新しい技術が取り入れられるようになり、将来的には、より正確で広範囲な渋滞情報が提供できるようになるでしょう。
    交通渋滞を解消することは、単に移動時間を短縮するためだけでなく、いち早く消防車や救急車などの緊急車両が現場に到着できるようになります。また、環境面においても、排出ガスを削減し、地球温暖化を抑制させることができます。
    交通渋滞の対策は、道路や信号機、交差点を整備したり、改良したりするだけではありません。実際に車を運転するドライバーにしかできないこともあります。出かける時間をずらしたり、いつもとルートを変えたり、車の代わりに鉄道やバスなどの公共交通機関を利用したり、自転車で出かけたり、1人1人が気にすることで、混雑は緩和されるはずです。

      コメントは受け付けていません。