人気のパワーストーン「ルチルクォーツ」その5

    ルチルクォーツには「ゴールドルチル」と「タイチンルチル」とネーミングが付くものがあります。
    ヤフーオークションで見てみるとわかりますが、「タイチン」と言う言葉が良く出てきます。
    タイチンルチルと呼ばれるものは、ゴールドよりも値段が高いです。
    タイチンは、水晶の中でもとても珍しく、入手が難しいと言われています。
    では、これだけ人気があるパワーストーンなら、人口で作り出せないのでしょうか?
    人口で作ったら天然石ではなくなりますから、その力もないでしょうが、高いお金を出して人口石を買わされる心配がありますよね。
    嬉しいことにその心配は無用なのです。
    現在、人工的にルチルクォーツを作る方法はありません。
    ですから、ルチルクォーツはどれも天然の本物であると言うわけです。
    ルチルクォーツは色も感じもいろいろありますから、いざ、選ぼうとした時は悩むものです。
    選ぶポイントは、いくつかありまして、余計な内包物や、クラックと呼ばれる内部の割れがないと良いでしょう。
    中に針以外のものが入っているものはあまり良くありません。
    品質ですが、低ければ低いほど濁っています。
    また、傷が入っている場合もあります。
    大きいサイズになると、ルチル以外の不純物も混ざっているケースが多いです。
    やはりなんと言っても、その透明感でしょう。
    透明で、その中にルチル針が美しく入っている石が良いですが、このようなパワーストーンは値段も高くなります。
    ルチルクォーツを浄化する場合、流水で浄化し、日光浴させると良いです。

      コメントは受け付けていません。