便秘の要因

    便秘になると腹痛のほかにも様々な自覚症状があります。
    便秘がひどくなると吐き気をもよおしたり、腸に残便感を感じたり、お腹に膨満感を感じたり、下腹部に痛みを感じたりすることがあります。
    さらにひどくなると食欲がなくなり、めまいなどを起こすこともあります。
    これらの便秘の要因と考えられている1つの理由として、「食物繊維の摂取不足」があります。
    よく便秘になると繊維系のものを食べなさいと親から言われたことがありました。
    食物繊維を食物から適度にとることは体内バランスを整える意味でもとても大切なことです。
    2つ目の理由として体のホルモンバランスが崩れても便秘は起こります。
    3つ目の理由としては、服用している薬の副作用ということも考えられます。
    現在服用している薬があればその副作用について調べてみるといいでしょう。
    特に鎮痛剤やカルシウム剤、鉄剤、利尿剤、抗うつ剤などは副作用に便秘があると表示されていることが多々あります。
    最後に4つ目の理由として、精神的な理由が挙げられます。
    今ストレスと抱えていて、心配なことがあったり、新しい環境になったばかりで極度の緊張感があったりすると消化器官に異常をきたして便秘や下痢になることがあります。
    その他にも加齢によって便秘になりやすくなる体質の人や職業によってなる人、生活環境によるものもありますが、概ねはこのようなことが便秘の外的要因であると考えられています。
    これらの要因はお互いが原因となる多様性を持っています。

      コメントは受け付けていません。