信仰の旅

先ほどのも述べましたように「四国八十八ヶ所巡り」とは一言でいうと「弘法大師」が修行した跡をたどる信仰の旅ということになります。
そしてそれは「お遍路さん」と呼ばれる独特のスタイルで行うものということです。
「四国八十八ヶ所霊場」は815年の平安時代初期に開創されたと言われています。
弘法大師の信仰が世の中に広まって高まるに連れて巡拝者の数もどんどん増えていきました。
そしてこの四国八十八ヶ所霊場が今のような形で整備されたのは、室町時代に入ってからのことでした。
そして江戸時代には遂にこれらの「四国八十八ヶ所巡り」について書かれた書物も発刊されました。
代表的なものとして遍路のガイド本として「四国遍路指南」、「四国遍礼霊場記」などがあります。
これらは弘法大師が開祖した仏教の真言宗の僧侶によって書かれました。
江戸時代の中期には一般庶民の間でも「四国八十八ヶ所巡り」と呼び一生のお参りとして人気が高まりました。
当時はこれに対して感謝の意を表して「お陰参り」とも呼ばれました。
こうして四国遍路は一般庶民の間でも一大イベントとなり、その他の伊勢神宮参拝や百観音霊場巡りなどと肩を並べるほど有名になりました。
日本では昔から自然の中に宿っている神様を崇拝する傾向にあります。
特に人が立ち入らないような辺境や深い山の中、海原、森林の奥などが人々の信仰の対象となってきました。
これらの神秘的な場所で静かに瞑想をしたり修業したりすることが活発に行われるようになってきました。
これが後に一般庶民の間に「遍路」として広まって行くのです。

コメントは受け付けていません。