効能について

    日本での温泉の文化としての原点は、温泉の持つ治癒力に着目した療養のための利用にあったと思われます。
    温泉が病気や怪我を癒したという伝説が、日本各地で見られるのもそのためではないでしょうか。
    現在でも、温泉には必ず効能が付きもののように扱われています。
    温泉の効能には、泉質とは関係のない、身体を温めることなどによる「一般的な効能」と、泉質に大きくかかわっている「泉質別効能」とに分けることが出来ます。
    「一般的な効能」には、神経痛、筋肉痛、五十肩、関節痛、関節のこわばり、運動麻痺、うちみ、くじき、冷え性、慢性消化器病、疲労回復、痔疾、病後回復、健康増進などがあります。
    「泉質別効能」にも数種類あります。
    効能によって、泉質を大きく分類してみました。
    ・肩こり、腰痛、神経痛-単純泉、食塩泉
    ・不眠症-石膏泉
    ・冷え性-食塩泉
    ・水虫、皮膚病-酸性泉
    ・貧血-鉄泉
    ・糖尿病-炭酸水素塩泉、硫酸塩泉
    ・胃腸病-食塩泉、炭酸泉、重曹泉
    ・美肌-硫黄泉、明礬泉、重曹泉
    ・ストレス-単純泉
    注意が必要となるのは、効能があるとされていても必ず効果があるというものではないことを知っておくということです。
    また、同じ泉質でも、含まれる成分の濃度、それ以外の成分の有無、酸性かアルカリ性かの違いなどによって、効能は変わってきます。
    お湯を飲むことによって効能が得られる温泉もあります。
    これを飲泉といいます。
    飲泉は飲泉許可のある温泉でのみ行うようにし、必ず注意事項を確認するようにしてください。

      コメントは受け付けていません。