危険なハーブティー「ペニーロイヤル」その1

ミントに似ているハーブでペニーロイヤルというものをご存知でしょうか。
ミントの仲間であり、とてもさわやかなペパーミントの香りがします。
この植物の高さですが、だいたい10センチから40センチくらいまで成長します。
上には伸びず、つるのように、地面を横にはうように成長するのが特徴です。
ペニーロイヤルの葉には、毛があり、季節になると桃色の花が咲き、とても可愛いです。
もちろん、これもハーブティーとして飲まれることもありますし、爽快な香りに人気があるハーブです。
ですが、このペニーロイヤルというハーブは、他のハーブとちょっと違うのです。
では、どこが他のハーブと違うのでしょうか。
ここで、ペニーロイヤルについて覚えて頂きたいことがあるので、ご説明いたします。
ペニーロイヤルと言うハーブ、またはそれから抽出した精油は、その使用する量が問題なのです。
間違えてこれを大量に摂取してしまった場合、危険なハーブと言われています。
では、ペニーロイヤルは人の体に、どのように危険なのでしょうか。
このハーブは、昔からアリを撃退するためや、ノミを防ぐために使われる植物として活用されてきました。
ペニーロイヤルを食器棚に入れたり、家の周囲に撒いたりすることで防虫効果がありました。
それは便利でしょうが、ちょっと考えてみて下さい。
虫にとって毒なのですから、人間にもあまり良くないと言うことになりますよね。
昔から食用には適さないハーブと言われていることもあり、その摂取量には気をつけなければなりません。
ペニーロイヤルのハーブティーには注意事項が書かれていて「肝臓疾患の人、また妊娠中の人は多量に摂取しないで下さい」とあります。

コメントは受け付けていません。