危険なハーブティー「ペニーロイヤル」その3

今でも、一部の間では、中絶の効果がペニーロイヤルにはあるのではないかと言われています。
間違った情報を得て、堕胎を目的に、このハーブティーを沢山飲んでしまう人もいるのではないでしょうか。
ですが、覚えておきたいことは、そうした用途で使用した場合、最悪のケースになれば、死亡してしまうほど危険なものなのです。
その昔、中絶が法律で禁じられていましたので、堕胎させるよう、ペニーロイヤルが使われたそうです。
そして、多くの女性がこの、堕胎を目的とした間違ったハーブの使い方で亡くなっていることも事実です。
致死量にほど近い量のペニーロイヤルを使った際に、堕胎が誘発されるそうですから、この方法で堕胎することは命に危険が生じます。
また、ペニーロイヤルを使っても中絶に至らず、健康な赤ちゃんを産んだ実例もあるようですから、このハーブと中絶の関係はあまり信用できません。
ですが、摂取しすぎると体に毒だということは立証されています。
とにかく、妊娠中、授乳中の方は避けたほうが良いハーブですね。
ハーブティーとして使用する場合、副作用が無くて良いと言うことも言われていますが、例えば、皮膚に直接付けるなどの使い方をする場合は注意が必要です。
精油は素人が安易に使わないほうが良いでしょう。
なぜなら、ペニーロイヤルの精油は毒性がとても強いため、肌に塗ることはやめたほうが良いでしょう。
もし、皮膚に直接、塗った場合、「皮膚炎」になるケースがあります。

コメントは受け付けていません。