古典の恋愛小説

    数ある小説の中でも、特に恋愛小説が大好きという方も多いでしょう。
    特に女性は恋愛小説にはまっている人も多いのではないでしょうか?
    では、通常の小説と恋愛小説は、どのような違いがあるのでしょうか?
    ここでは、恋愛小説についてお話します。
    恋愛小説とは、文字通り、男性と女性の恋愛を題材とした小説のことです。
    愛だの恋だの、そういったことを描いた小説です。
    また、これは男女間だけではなく、同性の間での恋愛を描いた作品も恋愛小説と呼びます。
    恋愛小説は、もちろん、ハッピーエンドだけではなく、ラストは悲しい終わりになることもあります。
    昔の恋愛小説と言えば、スタンダール著の「赤と黒」がありましたよね。
    また、エミリー・ブロンテ著の「嵐が丘」など有名ですよね。
    他にも、ジェーン・オースティン著の「高慢と偏見」、シャーロット・ブロンテ著の「ジェイン・エア」がありました。
    また、あの有名なゲーテも「若きウェルテルの悩み」と言う恋愛小説を書いています。
    そして、私が高校生のころ、夏休みの読書感想文を書くために読んだ本が、ツルゲーネフ著の「初恋」です。
    これらは古典文学と呼ばれるものですから、高校生の私が初恋を読むことは、ちょっと難しかったかもしれません。
    大人になってから読み返してみるのも良いでしょうね。
    恋愛小説と言っても古典になると、ちょっととっつきにくいかもしれませんね。
    本を読んで、その恋愛にドキドキするよりも、古典的な言葉の美しさや、表現力に魅力を感じるでしょう。

      コメントは受け付けていません。