四国八十八ヶ所

    「四国八十八ヶ所」とは、弘法大師の名号として知られる平安時代に活躍した僧侶の「空海」にゆかりのある場所を指しています。
    その名の通り、その場所は四国に八十八ヶ所あり札所が設けられています。
    「八十八ヶ所」と略して呼ばれたり、「四国霊場」と呼ばれたりすることもあります。
    元は信仰を目的としてこの四国八十八ヶ所を巡拝するようになりました。
    これを「四国遍路」とか「四国巡礼」と言います。
    当初は僧侶が信仰目的で始めた四国遍路ですが、江戸時代頃には庶民の間にも広がり始めました。
    信仰目的、修行目的の僧侶に加えて伝染病にかかった人、罪を犯した人など故郷にいられなくなった人が四国遍路を行っていました。
    病が治るかも知れない期待や罪悪感から罪が消えるのではないかという期待を抱いていたとも考えられます。
    この四国遍路を行う人を「お遍路さん」と呼びます。
    八十八ヶ所を全て回るとその総距離は1200km~1400kmにも及びます。
    一般的には徒歩で40日程度かけて回ります。
    今は旅行会社が多くのツアーを出していますから観光バスあるいは自分車で回ると10日程度かかります。
    自転車で回る人もいますが、遠回りルートになってしまうため徒歩より若干距離が増えてしまいます。
    遍路をする場合、順番通りに回らなければならないことはありません。
    それぞれの行程や移動手段などにもよって変わってきます。
    順番通りに回ることは「順打ち」と言います。
    順番と逆に回ることは「逆打ち」と言います。
    そして順番に関係なく回ることを「乱れ打ち」と言います。
    これら八十八ヶ所を1回の旅で全て回ることを「通し打ち」、何回かの旅に分けて回ることを「区切り打ち」と言います。

      コメントは受け付けていません。