場所 愛媛4

四国の中で一番八十八ヶ所巡りの札所があるのが愛媛県です。
愛媛県にはまだまだ多くの霊場があります。
52番から58番までみてみましょう。
52番は「太山寺」(たいさんじ)です。
本堂が国宝に指定されている立派な造りです。
宗派は真言宗智山派、御本尊は十一面観世音菩薩です。
53番は「円明寺」(えんみょうじ)です。
「須賀山」とか「正智院」と号します。
本堂には4m近くもある龍の彫り物があります。
宗派は真言宗智山派、御本尊は阿弥陀如来です。
54番は「延命寺」(えんめいじ)です。
当初は53番と同じ「円明寺」でしたが、明治時代に混乱を避けるために通称として使われていた「延命寺」に改名されました。
宗派は真言宗豊山派、御本尊は不動明王です。
55番は「南光坊」(なんこうぼう)です。
ここは四国八十八ヶ所の札所の中で唯一「坊」と寺号につくところです。
大型の山門があり四天王が守護しています。
一般的に山門には仁王像が立っていますが四天王を配置している寺は四国八十八ヶ所の中でここだけです。
また御本尊に大通智勝如来を安置しているのも四国八十八ヶ所でここだけです。
宗派は真言宗醍醐派です。
56番は「泰山寺」(たいさんじ)です。
「千枚通ご符」が売っているお寺です。
ご真言を唱えながら水で飲むと歯の痛みに効果があるとされています。
宗派は真言宗醍醐派、御本尊は地蔵菩薩です。
57番は「栄福寺」(えいふくじ)です。
弘法大師が多発している海難事故をなくすために厄災を落とそうと安全祈願をした地です。
宗派は高野山真言宗、御本尊は阿弥陀如来です。
58番は「仙遊寺」(せんゆうじ)です。
弘法大師が杖で突いて水が湧き出たとされる井戸があり「大師の加持水」と呼ばれています。
この霊水で人々の病を救ったと言われています。
宗派は高野山真言宗、御本尊は千手観世音菩薩です。

コメントは受け付けていません。