場所 高知

お遍路さんで巡る四国八十八ヶ所、続いては四国の高知県内にある霊場です。
高知県には八十八ヶ所のうち24番から39番までの札所があります。
土佐最初の霊場である24番目の札所は「最御崎寺」(ほつみさきじ)です。
通称「東寺」と呼ばれています。
ちなみに26番の「金剛頂寺」を「西寺」と呼んでいます。
寺の下には「御蔵洞」があります。
ここは弘法大師が虚空蔵求聞持法の悟りを開いたとされる場所です。
この地から今までの「教海」という名から「空海」と名乗るようになったそうです。
宗派は真言宗豊山派、御本尊は虚空蔵菩薩です。
25番は「津照寺」(しんしょうじ)です。
その昔土佐藩主である山内一豊が船で嵐に遭遇して遭難しそうになったそうです。
そのときに突然一人の僧がきて、船の舵をとって救ってくれたそうです。
衣からつたる水跡を追って行くと津照寺の本堂につながっていたそうです。
本堂を覗いたら地蔵菩薩が濡れていたことから御本尊が救ってくれたという言い伝えがあります。
そのためこの寺の御本尊である「延命地蔵菩薩」を「舵取り地蔵」とも呼ぶそうです。
宗派は真言宗豊山派です。
26番は「金剛頂寺」です。
この金剛頂寺(こんごうちょうじ)にある宝物殿には密教道具、旅壇具、仏像など多くのものが保管されています。
お寺の境内には弘法大師が中国の唐から持ち帰ったとされる白壇樹が植えられています。
御本尊の薬師如来は弘法大師が刻んだものです。
宗派は真言宗豊山派です。

コメントは受け付けていません。