妊娠初期の便秘

妊娠の初期に便秘に悩んでいる人は多いです。
なぜならば妊娠をすると女性ホルモンの働きがとても活発になるので大腸の動きが鈍くなるのです。
また母体の体内にある水分が優先的に赤ちゃんに供給されてしまうので便が固くなってしまうことも原因とされています。
さらに子宮が膨らんでくるために大腸が圧迫されて便秘になるということもあります。
このようにしていろんな要因から妊娠初期には便秘になりやすいのです。
多くの人が思う疑問。
お腹に赤ちゃんがいるので、便秘だからといってトイレで力んで赤ちゃんが流産するなど何か影響がないのかということです。
しかし安心してください。
力んだからといって赤ちゃんが外に出てくることはありません。
しかしながらあまり力んでしまうと下腹部に力が入るので赤ちゃんに対してはあまりよくないとは言われています。
だからといって便秘が直接の原因となって流産することはないので安心してください。
トイレにいってもしも出血してしまったらすぐに病院に行くようにしましょう。
それでは妊娠初期の便秘を解消するにはどうしたらいいのでしょうか。
一番は食生活の改善です。
水分や食物繊維をたくさん摂る事これが何よりも大事です。
そのほか一般的な方法としては、ヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取したり適度に運動をして腸を刺激したりするなどして改善されることがあります。
どうしても苦しくて便秘薬に頼る場合は市販の物ではだめです。
必ず産婦人科の医師に診てもらって妊婦さんでも大丈夫な便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

コメントは受け付けていません。