家庭用防災セットの期限

2010おすすめの家庭用防災セットのほとんどには食料が入っています。
もちろん、火や水などを使わなくてもすぐに食べられる食料がほとんどです。
例えば乾パンやビスケット、インスタントラーメンなどです。
しかし、食料ですから有効期限があります。
期限切れのまま放置しておくことはできませんから、定期的に入れ替えをしなければなりません。
家庭用防災セットを購入した時はしっかりと確認しているのに、いつのまにか忘れてしまうのです。
その油断が災害時に大きな問題となります。
定期的に防災訓練をするのは、忘れないようにするために必要なことなのです。
日常生活が平和であれば、災害のことを考えられないのが人間です。
大きな地震のニュースを聞いても他人事と思ってしまうのです。
期限が決まっていることを気にするのではなく、1年に1回はチェックするようにしなければなりません。
おすすめの家庭用防災セットの内容だけを見るのではなく、防災セットの役割をもう一度考え直すことが大切です。
家庭用防災セットを購入することは災害に対する備えを考えていることにつながります。
それが万一の時の運命を分けてしまうことになるかもしれません。
日本には災害が多いのが常識です。
しかし、自分だけは当事者にならないと誰もが思っています。
その保証はどこにもありません。
それでも何らかの備えがあれば、最悪の事態は避けられるでしょう。
防災セットを軽く見ないようにしてください。
家庭用でも多くの人を助けることができます。

コメントは受け付けていません。