家探し

    転勤者の人たちのための家探しのポイントを紹介します。
    いい物件を見つけるためのワンポイントアドバイスもあります。
    最初は家族同伴の転勤をする人の家探しのポイントです。
    最初に家探しをする上で自分達が優先したい事柄を明確にします。
    家族同伴の場合は家探しのポイントが次のように分類されます。
    「学校の学区優先する場合」。
    「生活するために必要なスーパーや病院などの施設を優先する場合」。
    「交通機関の便利さ立地を優先する場合」。
    「物件の広さや間取りを優先する場合」。
    第一に住環境を一番に考える人が多いようですが、さらに具体的なポイントを明確にしていくことが大切です。
    家探しのポイントが明確にできたら、不動産会社にその条件をきちんと伝えることが大切です。
    その方が不動産会社も的確にアドバイスをしてくれます。
    家探しをする前にその地域に実際に住んでいる会社関係者などに現地情報を入手しておくことも大切なポイントです。
    地域環境については、住んでみなければわからないこともたくさんありますから実際に住んでいる人に聞くのが一番です。
    次に現地に赴いて実際に家探しをする場合は会社が休みになる休日になってしまうことが多いです。
    休日に家探しをするときには注意しなければならないことがあります。
    転勤者が家探しをするときは、働いている会社の住宅基準に沿って行わなければなりません。
    しかし休日では会社の総務部などと連絡がとれません。
    ですから会社の住宅基準を自分できちんと理解しておく必要があります。
    せっかく気に入った物件が見つかっても、あとか会社の基準に沿っていないことがわかってもう一度探しなおさなければならなくなります。
    転勤のときは業務の引継ぎなどもあり家探しにあまり時間を費やすことはできません。
    貴重な時間をロスしないためにもきちんと住宅基準を把握してく必要があるのです。

      コメントは受け付けていません。