宿便について

    腸内洗浄の目的の一つに宿便を取ると言う事が挙げられますが、この「宿便」とはどんな物かご存知でしょうか。
    一般的に「宿便」と言うのは、腸内にこびりついて取れなくなってしまった便の事を指しています。このこびりついてしまった宿便が取れると言う謳い文句で腸内洗浄の宣伝をしている所も多く、人気を集めています。
    しかし、驚く事にこの「宿便」と言うのは存在しないのだそうです。それは腸の構造上によるものなのですが、腸内には常に粘液が出されています。更に腸内にはたくさんのひだが有り、絶えず動いていると言う構造なので、そんな腸内に便がこびりつく上に溜まっていくと言うのは考えられないのです。ですから、広告を鵜呑みに信じてはいけないのです。
    しかし、表現は違うのですが、排泄されずにお腹に溜まってしまった古い便が腸内に溜まってしまうと言う事は有ります。その便を腸内洗浄にて取ると言う事は考えられ、「宿便が取れる」と言い換えられているのです。
    この事は知らない人の方が多いみたいです。それもそのはず、腸内洗浄における宣伝文句には必ずと言って良いほど、宿便に関しての記事が書かれていますし、実際に腸内洗浄で宿便が取れると言っている方もいるのですから、信じてしまうのも無理はありません。
    ですから、腸内洗浄をする場合、よっぽど便秘で困っている人以外は特に行わなくても良いでしょうし、宿便の事も気にしなくても良いでしょう。「宿便を取らなきゃ大変だから、腸内洗浄をしなきゃ」なんて安易に思わない様に注意してください。

      コメントは受け付けていません。