宿泊先の手配

パートナーが転勤になって、転勤先で家探しをするとき、家を守っている奥さんが家探しにでかけないわけにはいかないでしょう。
ただし転勤の場合、決められた期限内で家を探して、周辺環境も調べて、契約をして、引越しまでしなければなりません。
現地に行ったら地図の見方も、地名の読み方も、電車やバスの公共交通機関の乗り方もわからないことだらけです。
事前に地図を見て予習する、あるいは現地情報を手に入れておくことは大切なことです。
現地に赴いて物件探しができるのはほんの数日なのです。
特に転勤場所が遠方の場合は、1泊2日程度しか物件探しできる日数がないかもしれません。
ホテルなどの宿泊先を手配して、一気に探したほうが効率的です。
どこのホテルを手配するかは地域によっても違います。
とりあえずは交通アクセスの便利な場所がいいと思います。
どこに行くにも動きがとりやすいからです。
勤務先や物件の近くで選んでしまうと、あとから他の物件探しをするときに動きがとりにくいかもしれません。
家探しに現地にいく旅費は、転勤者本人分は会社が負担してくれますが、配偶者や家族の分までは負担してもらえません。
ですから極力安い旅費に抑えることが必要です。
その一つの手段として旅行会社の利用があります。
旅行会社では格安できれいなホテルを提供しているプランがあります。
あるいはインターネットの格安サイト、例えば「楽天トラベル」や「じゃらん」などを利用すると簡単に予約できて通常よりもお得に宿泊することができます。
泊まるホテルについても、インターネットが利用できるホテルを選ぶと、ホテルでもインターネットで物件検索や周辺検索をすることができるので便利です。

コメントは受け付けていません。