専門学校からの就職

専門学校を卒業しようとする人への就職に関するアドバイスです。
まず、専門学校4年制大学との違いを考えてみましょう。
4年制大学は一般的な知識を得るための学校ですが、専門学校はある職種に特化した技術力をつけるための学校です。
したがって、専門学校を出る時にはその学校で学んだことが役立つような仕事に就くことが一般的です。
もちろん、全員がそのような仕事に就けるわけではありませんが、求人側としてはそれを期待しているということです。
例えばコンピュータ専門学校であれば、ソフトウェアの製作やパソコンに関する技術力があると考えられるのです。
自分がその学校を卒業する時にある程度の技術力を持てるようにしておかなければならないことは言うまでもありません。
専門学校では資格試験などへの挑戦も日常的なことです。
履歴書に多くの資格を書くことができるならば、就職の条件として有利になることは間違いないでしょう。
資格試験の中でも免許制度があるような職種では、社会の景気に関係なく求人があると考えてよいでしょう。
例えば、栄養士や行政書士などは免許となっています。
実際には高校を出る時にあまり深く考えていなかった人もいるでしょうが、就職をする時には自分の人生における一つのステップであると認識してください。
その職場に長くいる人もいますが、そうではない人もたくさんいます。
必ずしも一つの職場で長く務めることがよいわけではありませんが、自分がどのような仕事をやりたいのかを見極めずに転職することのないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。