就職の面接

    就職活動を行っている人はわかるでしょうが、採用されるためには試験と面接があります。
    ここでは面接での注意事項を考えてみましょう。
    筆記試験などがない企業でも面接は必ずあると言ってよいでしょう。
    人事担当者が当人と直接話すことが、本人の人柄などを見るためには非常に重要なことだからです。
    面接を受けることがわかっているのですから、その前に入念な準備をしておく必要があります。
    採用の可否は面接で決まると言えるほど重要なのです。
    面接を行おうとする企業は学生に何を求めているのでしょうか。
    その企業で求められている能力や資質といったものを知らなければなりません。
    質問の内容として「当社を希望した動機」や「自分がどのようになりたいか」といったことが多いようです。
    そのような定番とも言える質問に対しては、あらかじめ回答することを用意しておかなければなりません。
    また、その企業を取り巻く業界などについて、予備知識として持っておかなければなりません。
    就職を希望する企業のことを知らないような学生を採用するつもりはないはずです。
    また、面接では自分の思っていることをどの程度うまく話せるかと言うことも見られます。
    もちろん学生の方も緊張しますから、普段通りのしゃべり方ができないとだめだということはありません。
    ただ、思ったことをはっきりと話すことを心がけましょう。
    その企業がどのような仕事をやっていて、自分はその中でどのようなことで役に立ちたいと考えているのかを明確に応えられるようにしておきましょう。

      コメントは受け付けていません。