就職メール

就職情報を収集したりする時にメールを使用することが多くなりました。
そのメールの書き方について考えてみましょう。
メールは昔で言えば手紙ですから、そのマナーを守らない人は社会人として一人前と見られないということがあります。
学生同士のような気軽なメールではなく、企業の人事担当者へのメールはマナーを守る必要があるのです。
これは就職活動として会社説明会にスーツを着ていくというような当たり前のルールと考えなければなりませんし、それが守られているかどうかが選考時の評価にもつながるということなのです。
メールを送る時の注意事項を説明しましょう。
最初にタイトルを書きますが、一目で見てメールの目的がわかるようなものにします。
「問い合わせ」とか、「回答します」と言った目的がわかる一言を付けくわえておきます。
相手からの返事であれば「Re:○○」のようなタイトルのままでもかまいません。
相手は自分からのメールだけを見ているわけではありませんから、メールがどのような目的で送られてきたのかが相手にわかるかどうかという視点で考えましょう。
それから、メールを送る時は24時間いつでもかまいません。
そこが電話や手紙と違うところです。
メールの一番の利点は相手の都合を考えずに送っても迷惑にならないということなのです。
また、メールで書く内容は複数のことでもかまいません。
そこで注意しなければならないことは、タイトルに書いたこととかけ離れた内容まで盛り込んでしまわないようにすることです。
複数の要件を書いてしまうと、相手が読みにくくなることが多いのです。

コメントは受け付けていません。