就職内定

    学生が就職活動を行って、企業側から合格の連絡をもらうことを就職内定と言います。
    つまり、就職がほぼ確定したということです。
    しかし、現実的には雇用契約を交わしたわけではありませんから、企業側の都合で取り消すことができます。
    最近の不況の影響で企業の内定取り消しが増えており、社会問題化しているというニュースが聞かれます。
    厚生労働省は内定取り消しをしないように企業側に働き掛けています。
    合理的な理由もなく内定取り消しをしてはいけないということなのです。
    もちろん法的な強制力はありませんから、内定取り消しは後を絶ちません。
    内定が決まった学生にとっては、就職活動の一区切りと春からの新しい生活に対する期待感があるわけですから、内定取り消しとなってしまうといきなり振り出しに戻らなければならないという理不尽な状況になるのです。
    もちろん、企業側もわざと取り消しをしているわけではありません。
    景気状況が予想以上に悪くなってしまうことは避けることができないでしょう。
    企業の存続がかかっているような状況で新卒者を採用する余裕がないということなのです。
    しかし、企業の内定取り消しは安易な選択と言ってもよいでしょう。
    新卒者を採用することによって企業全体が活気づくと言うことになりますから、それを取り消してしまうと進歩がなくなるということです。
    企業の経営者がどのような判断をするかはわかりませんが、学生の皆さんは自分のできる限りのことをしていくしかないのです。

      コメントは受け付けていません。