就職神社

大学などに受験する時に合格を祈願するために神社にお参りする人は多いようです。
日頃考えてもいない神様にこんな時だけお願いするのです。
就職活動をしている時にもそのような人は多いと言われています。
もちろん、神頼みで就職できるわけではありませんが、自分ができることをすべてやったと思えるのであれば不安を鎮めるという意味で神社参りもいいと考えらえます。
就職活動を行っていてもなかなか就職先が見つからないと言う人が多くなっています。
就職を取り巻く社会環境が悪いということもあります。
就職活動を行う時に自分が積極的にならなければなりません。
面接で不合格となるのであれば、その理由を考えなければなりません。
自分に足りないものは何なのかを考えることです。
自分の取り柄は何なのかです。
京都には出世稲荷と呼ばれる神社があります。
その名の通り出世できますようにと神頼みする神社です。
出世稲荷では就職成就祈願に訪れる人がたくさんいます。
日本人はそのようなことに熱心になる傾向があるのでしょうか。
宝当神社も同じようなものです。
その名前から連想される出来事が叶うのではないかと神社に参るのです。
そのような神頼みで物事がうまくいくのであれば、誰も苦労はしないということです。
あなたは自分ができることのすべてをやってください。
何もせずに神頼みをすることは問題外です。
神社を軽視しているのではありません。
神社の役割と自分の役割をきちんと整理して、自分にできること、神頼みをしなければならないことを分ける必要があるということです。

コメントは受け付けていません。