就職難

    就職活動を行う時期になった学生にとって、その年の就職状況は非常に注目すべき事柄になります。
    就職難と言われる時期であれば、本人にとって直接的な影響が出てくるからです。
    就職難になる原因として考えられることは、大きくは二つに分かれます。
    一つは景気の動向による採用する企業側の減少です。
    そしてもう一つは求職者が求める仕事と、企業が採用しようと考える人材のミスマッチです。
    企業が求める人材と言うのはその時の社会状況で変わってきますが、地域や年齢、技術力など様々な要因があります。
    景気の動向は個人的に対応できるものではありませんから、人材のミスマッチについて考えてみましょう。
    企業は人材の年齢に応じた技術力を求めています。
    また、支払う給与に見合うだけの役割を果たしてもらおうとも考えています。
    年齢が高くなるにしたがって、新卒者には求めないものを求める企業が多くなります。
    つまり、年齢が高ければそれだけ社会人として経験を積んでいる人しか採用しないということです。
    新卒の場合は会社での経験はないと考えられますから、いわゆる新人として扱ってくれるということなのです。
    あなたが大学を卒業したばかりの新卒であっても、年齢が高くなっていれば就職状況は厳しいと考えなければなりません。
    就職難を乗り切るためには自分のことを企業にアピールできるだけの技術力を持つ必要があります。
    単に積極的な態度というだけでは企業が採用したい人材とはならないのです。
    学校の成績はもちろんですが、資格や免許といったものを取得しておくことが有利に働くことは間違いありませんね。

      コメントは受け付けていません。