引越しのコツ

    引越しをするのに一番大切なことは段取りを決めることです。
    特に転勤による引越しの場合は、準備期間も短くスケジュールも大変なので、きっちりとこなしていかなければなりません。
    最初にやる段取りをきちんと決めておけば、あとはそれを実践していくだけなので大丈夫です。
    引越しするときに注意すべきことを少し挙げます。
    引越しに使う荷造りのダンボールやガムテープなどを自分で購入してこないようにしましょう。
    引越し業者を決めて契約すれば、引越し業者が全て揃えてくれます。
    また引越し完了後のダンボールの回収も頼むことができるので、ごみにならずに処分の手間もありません。
    エアコンについては、基本的には転勤前の家で処分していくことをおすすめします。
    なぜならばエアコンを持っていって転勤先の新居で再度設置しようとすると、配管を交換するお金やガスの補充などにお金がかかってきます。
    今使っているエアコンを転勤先に持って行くくらいならば、現地で安いエアコンを購入して無料設置のサービスを受けて設置した方がお得になります。
    その他にも普段使っていないもの、DVDやCDなどの売却可能なものに関しては極力処分していくことをおすすめします。
    荷造りの基本は、荷造りするものを減らすことが重要です。
    引越しをきっかけとして本当に必要になるもの以外は処分しましょう。
    新しく住む家、片付ける間取り、場所をイメージしながら必要なものだけを荷造りしていきましょう。

      コメントは受け付けていません。